娘を何とか歯医者に連れて言うときの事柄

5歳になる子どもに、ようやく虫歯ができてしまったので、歯医者に行くことになりました。

ラウンジには、小児目的におもちゃやDVDがあったので、それらで面白く遊んでいたのですが、いよいよ診察室に入る時折。子どもの面構えがカチカチに固まっていました。

とりあえず、ママの歯科助手の方が来てくれて、診察席に寝転がって口の時を見て貰いました。遠目から見ても、心配で子どもの唇が渇いているのが分かりました。歯科助手さんが「うん。コチラね。虫歯になってるねー」というやさしく言いました。が、そのふれこみをきいたとたん、子どもはいまや半泣きだ。

先生がやってきて、「依然乳歯ですし、初期段階なので、削るだけにしますね。穴埋めはしません。削って歯石を取ったあと、フッ素を塗って終わりますね」と手当てを初めてくれました。

子どもは涙瞳であたいをみて「やめて」という訴えていましたが、諦める目的にもいかないので、まったく心苦しくなりました。削っている時は、アームを握っていたのですが、最初は硬く握りしめていたアームも、段々慣れてきたのか、思いも弱り、最後にはアームを放していました。

手当てが終わって子どもは「押さえ付けるのって痛くないね」と言っていました。それを聞いてあたいはホッとしたのですが、そのあと、先生から「まったく小学生低学年ぐらいまでの虫歯は父兄の責務ですよ。とっくり磨き輩のレクチャーを通じて、仕上げ磨きも丁寧にしないとダメですよ。」と言われてしまいました。シミ消しと言えば、L-システインです。メラニンを排出する効果があるそうな。